プラグインの入れ方 基本の「マルチバイトパッチ」

プラグインが分からない猫

さて、今日は

ワードプレスに機能を追加して
もっと便利にしちゃえる 

「プラグイン」ついて
ご説明しますね。

「プラグイン」とは何か?猫でもわかる説明

 
プラグイン

ややこしくなるので
すぐわかるように

例文 を作りました。

  ワードプレスに         
  「コンタクトフォーム7」という 
  プラグインを入れると      
  お問い合わせフォームが     
  簡単に作れるようになります。  

どうやら何か「入れる」もののようです。

こんなふうに、ワードプレスに 
新しい機能を追加してくれる 
スマホでいうところの「アプリ」
ようなものです。 

テーマの時もお話しましたが 
「プラグイン」(アプリ)も 
誰でも自由に作れるので 

世界中でいろんな人が 
いろんな機能を 
追加できるようになっているんですよ。 

本当にアプリと同じですね。 
無料のものもあれば、有料のものもあります。 

これなしでのワードプレスは考えられないくらい 
便利なものなんです。 

おススメのプラグイン

私からお薦めのプラグインは 
全部で13個あります。 

それを1つづつ入れていくのは 
非常~~~に面倒なので 

めんどくさくて吠えるダメ男

私のワークショップでは、
一瞬で 全部まとめて
入れる方法でお伝えしますね。

「プラグイン」は
「追加機能」と思っていただけると
わかりやすいかな?

 

ただ、むやみに増やしていくと
サイトが重たくなってしまいます。

重たい=サイトを表示するのに時間がかかる
   =せっかく見に来てくれたお客様が
    めんどくさくなって画面を閉じる

ということになりかねませんので
軽いに越したことはないのですよね。

必要なものだけに厳選することを
おススメします♪

 

最低限入れるプラグイン

WP Multibyte Patch <ワードプレス マルチバイトパッチ>

Muitibyte Patchの画面

まず、これが必須です♪

入れたらONにするだけで、
何もしなくていいラクチンプラグイン。

何かというと、

ワードプレスは基本が英語なのですが
ひらがなや漢字は、
アルファベット2文字分あるんです。

例:

「abcdefghigklmno」と

「あいうえおかきくけこさしすせそ」

 ↑↑両方15文字です。

 

それで、
アルファベット前提で考えているワードプレスは
日本語の大きな文字に戸惑って
稀にエラーが出ちゃうことがあるんですって。

そのエラーを直してくれる
優れもののプラグインなんです。

 

これは絶対入れておきましょうね。

 

Aksmet <アキスメット>

Akismetの画面

※これは、「コメント欄」を使う人用です。
使わない人はスルーしてもらって大丈夫。

このプラグインは、自分で入れなくても
親切にはじめから入っています

それくらい基本のプラグインなんですね。

何かというと「いたずら防止」です。

ブログの記事を書いたら、宣伝目的か
いやがらせか、全然関係のないコメントが
どんどん投稿されることがあります。
人気のブログになってくるとなおさらです。

読者様からの投稿が埋もれてしまったり、
いたずらコメントだらけになってしまうと
ブログの雰囲気も悪くなります。

迷惑メールみたいなものですね。
それを防止してくれる、便利プラグインです。

会員登録が必要ですが、無料で使えますので
お気軽に登録して大丈夫ですよ!

以上、プラグインについての
ご説明でした!

 

村重 敦子

「猫でもわかる!」くらい簡単にわかりやすく、WordPressの使い方をサポートする、WordPressソムリエです。デザインを学んだ後、なぜかレストランでワインサービスに従事。絵も描けるワインソムリエでした。その後大手通信会社に勤めIT・Webの各種サポートを経験。ソムリエもWebも常に「専門知識をお客様に合わせてわかりやすくご提案し、期待以上のサービスをする」ことをモットーとしています。テクニカルサポートの経験は、通算1,100人以上。現在はWebデザイン・ディレクターをしながら、ブログ集客をしたい方へWordPressの制作、使い方のレクチャーなどを行っています。

Pocket