「日本一敷居の低いWebのイベント」Word Camp Haneda 2019

 

Word Camp Haneda 2019に参加してまいりました^^

Word Camp (ワードキャンプ)とは、
WordPressコミュニティの公式の大きなイベントです。

WordPressの第一線で活躍する方々のスピーチがたくさん聞けて
最新情報が学べる上、

開発者、デザイナー、技術者、ブロガー、エンジニア・・
WordPressに携わる、いろんな業界、職種の方があつまるので
情報交換、人脈を増やすことができますよ^^

 

 
 

どんなものか興味があるけど
素人の私が行ってもいいのかなぁ?

 

 
村重

私も初めは緊張したけど、
「よくきてくださいました!」って
歓迎してくださるのですぐに馴染めましたよ^^

インストールの仕方から教えてくれるワークショップなんかもあり、
知識、経験問わず初心者大歓迎なのが、
WordPressコミュニティの特徴です。

 

2019年のタイムテーブルはこちら

タイムテーブル

なんたって、

開会のご挨拶で
「日本一敷居の低いWebのイベント」を目指していると
おっしゃっていたくらいです(笑)

どうしてWordPressは初心者歓迎なんでしょうね?

そのあたりを、Automatic社の高野さんが
基調講演で詳しくお話しくださったので、ご紹介します。

 

基調講演  WordPressを知っていますか? 

高野さんの基調講演では
クイズ形式で、WordPressのことを楽しく
お話してくださいました。

WordPressのことを全く知らない人でも
WordPressのことがよくわかり、

WordPressのことをよく知っている私にも
WordPressコミュニティの理念を再確認でき、
なんだか暖かい気持ちになって
私も頑張ろう、って思わせてくれるお話でしたよ。

 

一部ご紹介しますと・・

Q・WordPressを作ったのは誰だと思いますか?

回答の選択肢は
出てきたのは創始者のマットさん、
WordPress.comの社員、
そして世界中の開発者・貢献者・・

さて、誰でしょう?
いろいろ考えられますが

答えは「全員」

みんなの書いたコードが、
一つのソフトウエアになっているって
なんだかとってもロマンチックですね^^

 

Q.WordPressはどうして無料なの?

開発者さんが、WordPressを作るときに
元にしたプログラムが無料のものだったから・・

・・だと思っていたんですけど、
それはただのきっかけで

今では「より多くの人にオンラインで
意見や作品を公開してもらうため」だそうですよ。

実際のスライド

私もみなさんが
WordPressで情報発信するための
手助けができるよう、がんばっていきますね。

今回は羽田(蒲田)ですけど、
11月は東京(新宿)でやっていますし、
各地でも行われているので
ぜひお近くのミートアップを探してみてくださいね。

https://www.meetup.com/ja-JP/Tokyo-WordPress-Meetup/

 

 

開会のご挨拶と、基調講演が終わったら
各セッションが早速始まりました。

いくつか参加しましたので抜粋してご紹介します。

WordPress初心者のためのサイト運営虎の巻 

私の大好きなテーマ、Lightningを作った
株式会社vektor石川さんのセッションです。

初めてお目にかかったのですが
とても物腰の柔らかい素敵な方でした^^

「初心者のための」というタイトルでしたが
サイト運営に必要なことと、その最新情報、
石川さんのおすすすめがぎゅっと詰まった
これだけでWordPressに必要なことがすべてわかる、素晴らしい内容でしたよ。

アジェンダはこんなかんじ

・定期バックアップについて
・管理画面のセキュリティ対策
・スパム対策
・ブロックエディタとクラシックエディタ
・ローカル開発環境
・WordPressサイトの引越し方法
・子テーマでのカスタマイズ
・SSLの対応

スライド資料はこちらです

WordCamp Haneda 2019 WordPress初心者のためのサイト運営虎の巻 #wchaneda from Hidekazu Ishikawa

 

私が今までやってきたことと、
他のやり方も確認できて、改めてこれで良かったんだなと
自信をいただくこともできました^^

石川さん、貴重なお話をありがとうございました!

 

続いて参加したのはこちら

 

WordPressを利用してECサイトを構築するはじめの一歩

ECサイト、とは
簡単に言うとモノ(サービス)を販売するサイトのことです。

ブログを書くだけのサイトとちがって、
商品ページ、かごに入れる機能、決済などなど、とっても大変なんですよね。

WordPressでECサイトを作ろうとしたら
「WooCommerce(ウーコマース)」か、または「welcart(ウェルカート)」という
プラグインを使うのが一般的ですが、

今回お話くださったのは、そのWooCommerceのコアコントリビューター、
ECコンサルタントShohei Tanakaさんでした。

 

今回のWordCampHanedaのテーマが
「Start」なので

TanakaさんはECサイトこれから始める、やったことない向けに
詳しく説明してくださいましたよ。

 

スライドはこちらです。

 

私がなぜ参加したか、というと
お客様から「ECサイトを作りたい」という
ご要望をよくいただくからなんです。

そんなとき、私はいつも
「WordPressで個人情報を管理するのは危険なので
BASEやペライチとか、外部の販売システム使った方がいいよ」
と勧めていました。

Tanakaさんも同じご意見で、
自分で管理するか、
管理・運用してくれる業者に任せるか・・ができないのであれば、
WooCommerceなどプラグインで自作するのは危険なので
外部のサービスを使うべきだとおっしゃっていました。

その上で、WooCommserceを使った時の違い、メリットが
どんな場合に必要、有効なのか?

さらに、ECサイトは特に、
成果を上げるためのコンテンツが必要なので
WordPressが適しているんだ、ということをよく理解することができました。

Tanakaさん、本当にありがとうございました^^

 

その場でライブ解析!男木島図書館サイトのアクセスを解析してみよう

最近、「ウェブ解析士」の資格に興味を持ち
調べていたのですが

ウェブ解析士だけでも難しいのに、
資格には上級・マスターと上位資格がありました。

このセッションは、その、最上位の「マスター」の資格をお持ちで
さらに受験者向けの講座まで開かれている小杉聖さんが
アクセス解析についてお話してくださる、ということで
飛びついて参加してまいりました^^

 

スライドはこちらです。

190420 その場でライブ解析!男木島図書館サイトの
アクセスを解析してみよう #wchaneda from Hijili Kosugi

アクセス解析、って言っても・・・
数字ばかりで意味がわからないし、どこを見ればいいのかわからない、と
無い無い尽くしでお困りではないでしょうか?

なんとなく、PV、セッション、直帰率なんかみて
先月と比較して、あ、ちょっと上がった、下がった、なんてことはわかっても

それはどうしてなのか?だからどうしたらいいのか?
を、どのように考えていくか、を
実際のサイトをみながら詳しく教えてくださり、とても勉強になりました。

やっぱりウェブ解析士の勉強せねば・・・と思ったところに
面白いツールを紹介してくださいました。

ユーザー分析DMP juicer

あなたのサイトにどんな人が訪れているか
無料で分析してくれるツールだそうです。

https://juicer.cc/

 

juicerについては、とっても面白そうなので早速登録してみました。
データが取れたら、使い方と合わせて追ってご報告しますね^^

 

 

他にもたくさんご紹介したいことがあるのですが
ひとまずこのくらいで・・

 

次回は11月1日・2日の2日間
東京で行われるそうです。

WordPressのことをもっと知りたい方、仲間を作りたい方、
ぜひ会場でお会いしましょう^^

 

 

追伸

WordCampHanedaは、蒲田で行われているのですが
地元の方がたくさんスポンサー参加していてくださって
素晴らしく美味しいコーヒーを無料で振舞ってくださいました。

また飲みたい感動的に美味しいコーヒーでした。
お取り寄せしようっと。

https://yellow8.jp/

Follow me!

 

WordPressに関するご質問にお答えします。お気軽にお寄せください^^