見出しがうまく入れられない!広すぎるときの原因と対策

見出しがうまく入れられない!広すぎるときの原因と対策

ワードプレスで記事を
投稿していて…

見出しを入れたら、
こんな風に
なったことはありませんか?

 

青く選択している、
「ここに見出しを入れてみます」だけを
見出しにしたいのですが…

 

見出しの入れ方例

 

  ↓ ↓ ↓

 

見出しが入りすぎた例

 

どこまで見出しやねん(笑)

なんでそうなるの?(-_-;)

こんなとき、どうやって
直していますか?

原因と簡単な治し方を
ご紹介しますね。

 

なんで選択していないところまで見出しになるのか

そもそも、なんでそうなるの?

選択しているのは、
青いところだけです。

そこだけ見出しにしてほしいのに。

選択範囲

必要なところだけ選択してるのに
なんでこんな広範囲にわたって
見出しになるのでしょう?

それは「段落」に秘密があります。

 

見出しと段落の関係

 

見出しというのは

「このひと段落を見出しにする」、と

設定するようになっています。

 

なので、選択したところ以上に
見出しが広がってしまった時は

その範囲全てが
「同じ段落」だったということなんです。

 

段落がわかれているのか?

改行されているだけなのか?

 

 

見た目にはただの空白なので

パッと見にはわからないのが
歯がゆいところです。。

テキスト側を見ればわかりますが
いちいちテキストを見るのは面倒なので…

 

理由:

広範囲になってしまったときは
改行で隙間が空いているだけで

前後の文章と同じ段落になっているらしい。

 

 

対策:

なので、見出しにしたい部分は、
そこだけ段落を分けてあげればOKです。

 

 

対策 段落の分け方

見出しを入れる時に、わざわざ
その度に 改行なのか、段落なのか
調べるのも手間なので

あまり考えずに
いつも通り記事を書きましょう。

 

そこで、見出しを入れて
うまくいかなかったら、

1「やっぱり今のやめ!」

Ctrl+zキーで
(Macの方はcommand +z)

今の操作を取り消してください。

元に戻ったら…

 

見出しにしたい文章の前と後で
「Enter」キーを押して
改行を入れます。

 

見出し文章の前後指定

 

  ↓  ↓  ↓

 

改行挿入後の画面

見た目は隙間が増えただけです。

ではこれで、

3 もう一度見出しを入れてみます。

同じところを選択します。

見出し選択画面

  ↓  ↓  ↓

見出し成功画面

 

選択部分だけが、見出しになりました♪

 

 

このように…
「Enter」を押すと
段落を分けてくれる
ので

困ったときは、
焦らず前後にEnterを入れてあげると
うまく見出しが入れられますよ^^

 

応用編:見出しを2行にしたいとき

少し、長めの見出しの時は
スマートフォンで見たときのことも考えて

見出しも読みやすいところで
改行すると良いですね。

例 こんな風にしたい場合
 ↓ ↓ ↓

見出し改行

 

でも、その時、
見出しを「Enter」で改行してしまうと、
「段落が別」になってしまうので

こうなってしまいます。

 

 ↓ ↓ ↓

見出しが2行になってしまった

コレでは困りますね(;´∀`)

 

その為、この場合は
「段落は分けずに、改行だけ」
せねばなりません。

 

その場合は
「Ctrl+Enter」で改行します。

すると…

改行した様子

この状態で、見出しにすると
見出しが2行になります。

 ↓ ↓ ↓

見出し改行

 

Enterで改行した場合と見比べると
くっついているのがわかりますね^^

<Enterで改行した場合>

階段楽画像

 

 

Ctrl+Enter =段落が同じで、改行

Enter=段落を変える 

あまり耳慣れない言葉ですが

段落を変えるのは
「改段落」といいます。

 

ちょっとややこしいですが、

見出しがうまくいかないときは
Enterをいれて分ける
覚えて下されば良いかと思います^^

以上、見出しがうまくいかないときの
直し方でした。

 

村重 敦子

「猫でもわかる!」くらい簡単にわかりやすく、WordPressの使い方をサポートする、WordPressソムリエです。デザインを学んだ後、なぜかレストランでワインサービスに従事。絵も描けるワインソムリエでした。その後大手通信会社に勤めIT・Webの各種サポートを経験。ソムリエもWebも常に「専門知識をお客様に合わせてわかりやすくご提案し、期待以上のサービスをする」ことをモットーとしています。テクニカルサポートの経験は、通算1,100人以上。現在はWebデザイン・ディレクターをしながら、ブログ集客をしたい方へWordPressの制作、使い方のレクチャーなどを行っています。

Pocket