Gutenbergで吹き出しはどうなる?ブロックエディターで吹き出しを使う方法

WordPressの新しいエディター

「ブロックエディター」

もう、お試しになりましたか?

従来のクラシックエディター

新しい「ブロックエディター」

私の周りでは、けっこう・・・・


村重

・・・みんな使ってないみたいです(笑)

でも、このブロックエディター、すごいんですよ!!!

 

 

以前、こちらの記事で、
古い方の「クラシックエディター用」の【吹き出し】の作り方をご紹介しました。

LINEみたいな吹き出しを作る方法【プラグインなし!】

 

この方法は、新しい「ブロックエディター」では使えません。

では、ブロックエディターでは、
吹き出しをどうやって使ったらいいのでしょうか??

・・・を話しつつ、
ブロックエディターの面白さを、お伝えしていきたいと思います^^

 

 

今までと【同じ吹き出し】を使う場合

ここでは、上の記事で
CSSとタグで作った吹き出しを使う方法をご紹介します。

そのほかの方法で吹き出しを使っていた方へ

クラシックエディターで応用できると思いますが、
お使いのテーマ、プラグインの設定や機能によっては
使えない可能性もあります。ご了承ください。

「クラシックブロック」を使う方法

新しい「ブロックエディター」では、

「見出し」「段落」「画像」などの
多様な「ブロック」を積み上げて 記事を作成していきます。

こんな感じになります。

やり方は、

「この辺りにブロックをおこうかな〜?」と思うあたりに

マウスポインタを乗せると、「+」ボタンが出てきます。

 

これをクリックすると、
ブロックのカテゴリーメニューがでてきます。

(後述しますが、これもプラグインで増やせます^^)

 

初期設定では「フォーマット」という中に
「クラシック」があります。

この「クラシック」を使えば、
新しいブロックエディターを使っていても

「クラシックエディター」で編集できるブロックになるんです。

すると「Quicktags」が使えるので
ここから設定しておいた「吹き出し」を呼び出します。

なんか無理やり感満載ですが・・(笑)

ショートコードなど、ほかの方法で吹き出しを使っていた方も
この、クラシックブロックに表示されていれば
以前と同じように使えるはずです。

ただ、その機能・プラグインが
ブロックエディターの中のクラシックブロックに対応しているかどうか・・
(ああややこしい)

今日ご紹介したいのは、
ブロックエディターに機能を増やすプラグインです。

「ぽちっとな」でいろんな機能が使えちゃうなんて
素敵ですよね。

プラグインで吹き出しが使えるようになる!

吹き出しが使えるプラグインを2つご紹介します。

まず1つめは、

VK All in One Expansion Unit です。

人気テーマ、Lightningの拡張プラグインなので
ご存知の方も多いのではないでしょうか^^

もちろん、Lightning以外のテーマを
お使いの方でも使えますよ。

 

このプラグインを有効にすると、
ブロックのカテゴリーに VK Blocksが増えます。

この中に「フキダシ」が入っています。

 

こんなおしゃれな吹き出しが入りました^^

 

 

もうひとつは、SnowMonkey Blocksです。

こちらも、人気テーマSnowMonkeyに合わせて作られていますが
ほかのテーマでももちろん使用できます。

このプラグインを入れて、有効にすると

ブロックのカテゴリーに
Snow Monkey Blocks[共通ブロック]」と
Snow Monkey Blocks[セクション]」が増えます。

 

「Snow Monkey Blocks[共通ブロック]に
「吹き出し」が入っています。

すると、こんな吹き出しブロックが入りました。

どちらも有効にするだけで
吹き出しが使えるようになる、とっても便利なプラグインです。

 

両方使ってみました。

どちらがお好みですか?

お好きなデザインの方をどうぞ♪

これからどんどん機能が増えそうで、とっても楽しみですね^^

Follow me!