記事を「非公開」にしたのに、見えているのはなぜ?

「非公開」にしたのに丸見え?

今日は「非公開」という機能について
ご説明しますね。

こんなご経験はありませんか?

記事を「非公開」に設定にしたのに外から記事が見えている・・・!

 

 

ご相談いただいたのは、こんなケースです。


ブログを書いていて「公開状態」という項目があったので
まだ見せたくないので「非公開」にして保存しました。

なのに、その後自分のブログを見たら・・・

 


非公開にしたのに、
なんで見えているんですか??


村重

これ、びっくりしますよね〜

私も初めて見たとき、
どういうこと??と、本当に驚きました。

 

「非公開」にしたのにどうして記事が見えるの?

「公開状態」
設定画面をもう一度見てみましょう。

 

 ↓ ↓ ↓

青い「編集」の文字をクリックすると

〇 公開
〇 パスワード保護
〇 非公開

の3つが選択できるようになります。

 


こ、これは・・どう違うんですか?
どう使い分けたらいいんでしょう?

 


村重

順番にご説明しますね。

 

・ 公開

公開は、いつも使う機能なので
詳しくは割愛しますね。

下書きしていた記事が仕上がったら、
お客様に
見ていただけるように「公開」する状態のことですね。

 

・ パスワード保護

「パスワード保護」とは?

ブログ記事にパスワードを登録して、
パスワードを知っている人しか記事を見られなくする機能です。

選択すると、「パスワード」を
登録する欄が出てきます。

パスワードを登録した記事は「保護中」になります。

公開と同じように、ブログの記事として誰からでも見えますが
見えるのはタイトルまでで、
パスワードを知らない方は、本文を見ることはできません。

特定の仲間だけに読んで欲しい記事や、

セミナーに参加されたお客様にだけ
セミナーの動画を公開する、なんてときに使えますね。

 

・ 非公開

で、問題の「非公開」なんですが…

非公開は、

記事の内容を
誰にも見せないようにする 
機能です。

 


それではなぜ見えてるんですか?

 

 

実は、「非公開」が見れるのは

あなただけ なんです。

 

 

非公開、実はこう見えています。

上の画像でいうと、「非公開:テスト」というブロ記事、
見えるのは、実は自分にだけなんです。

正確にいうと、WordPressにログインしている人だけ。

※なので、ユーザーを複数登録して、
数人で管理しているサイトなどは、その全員が見れるようになります。

・分から見た画面


ログインした状態で、自分のサイトを見ると
非公開にした記事はこのように見えます。

「非公開」と書かれた記事が見えていますね。

 

ですが、実は他の人から見たら、
こんな風になっているんです!

  ↓ ↓ ↓

・他の人から見た画面

ログインしていない人、お客様から見た場合、
非公開にした記事はこんな風に見えます。

 


404・・・?

 

 


村重

404というのは、インターネットの
エラー番号です。

そのページが削除されたか、公開されていない場合に
「見つかりません」という意味で表示されます。

見た方からすると
「そんな記事、ありませんよー」という
画面になるんですね。


「下書き」と「非公開」
どうちがうのですか?

 


村重

記事が自分から見えるかどうか、だけで
実は、お客様から見たら同じなんです。

「非公開」に設定したテスト記事
https://wp-firststep.com/private_view/

 

「下書き」になっているテスト記事
https://wp-firststep.com/draft_view

どちらも404になりますよね。

 

非公開に設定するメリットはあるの?

非公開のメリットは、
間違えて「公開」するミスが防げるということです。

下書きの状態だと、「公開」ボタンがあります。

保存と間違えて
押してしまったことはありませんか?

 

通常なら、間違えても、
すぐに下書きに戻せばいいんですが、

中には「公開」したら自動的に
Facebookやtwitterに投稿する設定に
している方もいらっしゃるかと思います。

そんな方は、書きかけの記事を
間違って公開したら、一気に拡散されてしまいますね。

企業さんでやってしまったら大変ですね。

そんな時は「非公開」にしておけば

ボタンは「更新」に変わります。

これならいくら押しても大丈夫。
非公開状態のままで今の内容に更新されるだけです。

 


私はそんな設定していないので、
下書きが良さそうですね!

非公開を下書きに戻すには、どうしたらいいですか?

 

非公開を下書きに戻す方法


では、非公開にしたときに
もどす手順をご説明しておきますね。

ブログの「ステータス」を編集します。

ステータス:公開済みの横の
編集」を開いてください。

 

すると、選べるようになりますので
ここで「下書き」を選んでください。

公開設定変更画面

これで更新を押せば
「下書き」状態に戻りますよ。

 

まとめ

・ブログを「非公開」にしたのに見えているのは
「自分(or ログインしているユーザー)」にだけ
見えているので心配はいらない。

・ステータスは、
「公開」「パスワード保護」「非公開」「下書き」に変更できる

・非公開にするメリットは「公開」押し間違い防止くらい?

・非公開を下書きに戻す方法

 

についてお話しました^^
ご参考になれば幸いです。

Follow me!

村重 敦子

「猫でもわかる!」くらい簡単にわかりやすく、WordPressの使い方をサポートする、WordPressソムリエです。デザインを学んだ後、なぜかレストランでワインサービスに従事。絵も描けるワインソムリエでした。その後大手通信会社に勤めIT・Webの各種サポートを経験。ソムリエもWebも常に「専門知識をお客様に合わせてわかりやすくご提案し、期待以上のサービスをする」ことをモットーとしています。テクニカルサポートの経験は、通算1,100人以上。現在はWebデザイン・ディレクターをしながら、ブログ集客をしたい方へWordPressの制作、使い方のレクチャーなどを行っています。