記事を「非公開」にしたのに、見えているのはなぜ?

「非公開」にしたのに丸見え?

今日は、「非公開」という機能について
頂いたご質問にお答えしたいと思います。

こんなことはありませんか?

書きかけの記事を
まだ、誰にも見られたくないので
「非公開」にして保存しました。

見てみたら、その記事のタイトルに
「非公開」ってついただ

 

非公開記事の画面

 


見えてるじゃん!!意味ない!!

 

 

これ、びっくりしますよね(;´∀`)

 

私も初めて見たとき、
この記事なんなの??と思いました…

一体どういうことなのでしょうか?

 

「非公開」ってどういう意味なのか

「公開」と「非公開」
言葉の意味が、
ちょっと分かりにくいんですよね。。

設定画面を見てみましょう。

「公開」
設定画面はこうなっています。

 ↓ ↓ ↓

公開状態、の「編集」を開くと…

 

 

〇 公開

〇 パスワード保護

〇 非公開

の3つが出てきます。

 


あび

なにこれ 意味わかんない(# ゚Д゚)

これ本当に分かりにくいですよね(;´∀`)

 

〇公開

→ 下書きしていたものを、みなさんに
見ていただけるように「公開」する状態のことです。

これはわかるんですが。

 

〇パスワード保護

→ これは、公開はしているんですけど、
特定の、パスワードを教えた人だけ見られるように
パスワードをかける、というものです。

パスワードをかけると、こんな記事になります。

公開はされていますが、パスワードを知らない人は
見られません。

〇非公開

で、問題の非公開なんですが…

非公開は、
記事の内容を
誰にも見せないようにする

という意味なんです。

 


名前

え?見えてるけど…??

 

非公開記事の画面

 

実は、「非公開」が見れるのは

あなただけなんです。

 

非公開、実はこう見えています。

非公開記事が見えるのは自分だけです

◆自分から見た画面



非公開、という記事が見えています。

 

◆他の人から見た画面

 

そんな記事、ありませんよー、という画面になります。

 

「404」というのはインターネットでよく見るエラーで
アドレスが間違っていたり、
もうそのページが削除や、公開されていないときなどに表示されるものです。

 

 

しかし、この「非公開」機能
何に使うのか、いまいちよくわかりません(笑)

 

非公開を下書きに戻す方法

見せたくないなら、公開にしなくても
「下書き」の方がわかりやすいんじゃないかな?と思います。

間違って、非公開にしてしまったときに
もどす手順をご説明しておきますね。

 

一度公開すると
(非公開だけど。ああややこしい)


ステータス、というところが「公開済み」になります。

この、公開済みの横の「編集」を開いてください。

 

 

すると、プルダウンメニューから
「下書き」という選択肢が出ます。

公開設定変更画面

これを選んでOKを押せば、
「下書き」状態に戻りますよ!

これで一安心^^

 

ご活用ください♪

 

村重 敦子

「猫でもわかる!」くらい簡単にわかりやすく、WordPressの使い方をサポートする、WordPressソムリエです。デザインを学んだ後、なぜかレストランでワインサービスに従事。絵も描けるワインソムリエでした。その後大手通信会社に勤めIT・Webの各種サポートを経験。ソムリエもWebも常に「専門知識をお客様に合わせてわかりやすくご提案し、期待以上のサービスをする」ことをモットーとしています。テクニカルサポートの経験は、通算1,100人以上。現在はWebデザイン・ディレクターをしながら、ブログ集客をしたい方へWordPressの制作、使い方のレクチャーなどを行っています。

Follow me!