クラシックエディターはいつまで使えるの?使い続けるリスク

猫でもわかるWordPress

村重
村重

まだ「クラシックエディター」使ってますか?

クラシックエディターとブロックエディター

WordPressの投稿画面(「エディター」といいます)が、
ガラっと変わって、1年経ちました。

新しいエディターは「ブロックエディター」という名前です。

それに対して今までのエディターは
「クラシックエディター」と呼ばれてます。

これが今までの投稿画面、「クラシックエディター」

クラシックエディターの投稿画面

新しい「ブロックエディター」はこのような画面です。

ブロックエディターの投稿画面

全然使い方が違うので
リリース当初は、「いやだ!!!使いづらい!!!」と大騒ぎになっていました。
(慣れればすごく簡単なんですけどね)

そこで、この「クラシックエディター」プラグイン。

このプラグインを入れれば、前のままキープできます。

なので、ほとんどの人は新しい「ブロックエディター」は使わず
前の状態のまま「クラシックエディター」を使っていました。

私もしばらくはそれで様子を見ていました。

・・・しかし、それから1年経ち状況は代わりました。

まだ、そのままクラシックエディター使ってませんか?
それはちょっともったいないかも・・

クラッシックエディターはいつまで使えるの?

クラシックエディターをずっと使っていてはダメなんですか??

WordPressの公式サイトでは

2021年の年末まで「クラシックエディター」をサポートする、と発表しています(英語)
https://make.wordpress.org/core/2018/11/07/classic-editor-plugin-support-window/

Captal Pさんの記事がわかりやすいです(日本語)
https://capitalp.jp/2018/11/09/classic-editor-supported-till-2021/

2021年ということは、あと「約2年」は大丈夫。

でもその先がどうなるのかは・・まだ発表されていません。

発表されていないということは「決まっていない」わけですが、
おそらくユーザーさんの様子や反応を見ながら
対応していくんだろうと思います。

でもきっと、

2022年以降も、クラシックエディターを使う方法は
多分何かしらあるでしょうし、
クラシックエディターで書いたページに影響が出ることもないと思います。

じゃあずっとクラシックエディターでいいじゃん・・

と 思うかもしれませんね。

でも私は

そろそろ「ブロックエディター」
にした方がいいよー

と思ってます。

なぜか?

1 やっとアップデートが落ち着いてきたから

ブロックエディターが出始めた当初は、
テーマもプラグインもしょっちゅうアップデートして、
ついていくのが大変なくらいでした。

更新して、慣れたと思ったらまた変わる・。
なので去年はブログもメルマガも全然書けなかったんですよ。
(言い訳?w)

1年経って今はだいぶおちついてきたので、
そろそろ、ブロックエディターに慣れてみませんか?と
提案できるようになった感じです。

2 凄く便利な機能が増えてきたから

1年経って、かなり便利な機能が増えてきて
これを使わないのはもったいない!!というレベルになってきたんです。

テーマやプラグインの開発者さんは、
製品をより良くしようと日々研究・開発を続けています。

そのおかげで、クラシックエディターの時には考えられなかったような機能が
ブロックエディターでは簡単にできるようになってきました。

本当にすごいです。その楽しさをもっとお伝えしたい・・!

クラシックエディターをずっと使ってたら
こんな新しい機能が使えない!なんてもったいなくないですか?

2022年まで、というのは「移行猶予期間」のようなものです。
そろそろブロックエディターにチャレンジしてみてくださいね。

ブロックエディターを使う方法

  1. プラグイン一覧画面を開く。
  2. 「クラッシックエディター」というプラグインを無効にする。

これだけで投稿画面がブロックエディターになりますよ。

もし、困ったことがあったら
停止した「クラシックエディター」を有効にすれば
クラシックエディターに戻せますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。


ブロックエディターを使った、吹き出しの使い方をご説明しましたので
合わせてご覧ください。