日本語ドメインはSEO対策になる?大企業ではこう使っています

こんなご質問をいただきました。

 


わかりやすいように、ブログのアドレスを
「日本語ドメイン」にしたんですが、あまり良くないんでしょうか?

 


村重

お勧めはしていませんが、
もちろんメリットもあるんですよ!

 

日本語ドメインとは

日本語ドメインとは、そもそも何でしょう??

私のこのブログのドメインは「wp-firststep.com 」で
全てアルファベットで書かれているのに対し、

例えば「猫でもわかる.com」というように
読みやすい日本語でドメインを登録するというものです。

メリット

 

わかりやすい、見やすい

見比べてみましょう。

・wp-firststep.com

・猫でもわかる.com

パッと見たときの「視認性」のよさは
まさに一目瞭然ですね。

言葉に出して伝えるときも、とてもわかりやすいです。

わかりやすい、見やすいということは
ご年配の方向けのサイトにもぴったりですね。

 

デメリット

でもどちらかと言うと、デメリットの方が大きそうです

実は、インターネットでは
半角のアルファベットと一部の記号しか使えないため

「猫でもわかる.com」と表示されているように見えても

本当は、「xn--u8jvc1drbs3243h.com」というアドレスになっていて
ブラウザで表示するときに変換しているだけなのです。

「ピュニコード」という記号に変換されるようになっています。
やって見たい方はこちらへどうぞ♪

Jpドメイン名サービス
https://punycode.jp/

 

メールアドレスは日本語にならない

というわけで、ブラウザが変換してくれているだけなので

サイトアドレスと同じメールアドレスを取得しようと思ったら
   info@xn--u8jvc1drbs3243h.com   になります。

難解すぎます(笑)

 

SNSでシェアすると、xn--u8jvc1drbs3243h.comになる

同様に、ブラウザで表示するときだけ変換されるので
人に紹介しようとコピーしたら
「xn--u8jvc1drbs3243h.com」になってしまいます。

せっかくFacebookなどで拡散しようと思っても
不思議な文字列のアドレス表示だと、不審に思われてしまうかもしれませんよね。

 

日本語ドメインのSEO効果

日本語ドメインはSEOに良い!!

・・・という意見もありますが、それは
Googleの検索のしくみの話ではなく

「お客様が覚えやすい」
「お客様が検索しやすい」という

人為的な理由によるものです。

ちなみに、日本語でも、アルファベットでも、
ドメインが何か?でSEO効果が変わるのか?というと

昔は、短くてわかりやすい物が良いなど、いろいろ言われていましたが
最近では「全く関係ない」という説が有力なようですよ。

やっぱりSEOは中身勝負だということです^^

 

日本語ドメインの使用例

でも実は、大手企業・官公庁などでも
その視認性の高さ、検索のされやすさは評価されており、
日本語ドメインは多用されているんですよ。

超有名なところでは、これでしょうか。

http://総務省.jp/

でも、クリックしていただくとわかりますが
「http://www.soumu.go.jp/」に転送されるようになっています。

大手企業だと、検索されやすい日本語ドメインを取得しておいて、
さらにそれをメインのアルファベットのドメインに
転送するようにしているんですね。

日本語ドメインのわかりやすさ、検索されやすさを兼ね備え
文字コード問題もクリアする、さすが大企業ならではの対策ですね。

もし、日本語ドメインを検討されているようであれば
こんな対策もよいのではないでしょうか?

猫でもわかる.com・・・どうでしょうか?(笑)

Follow me!

村重敦子

「猫でもわかる!」くらい簡単にわかりやすく、WordPressの使い方をサポートする、WordPressソムリエです。デザインを学んだ後、なぜかレストランでワインサービスに従事。絵も描けるワインソムリエでした。その後大手通信会社に勤めIT・Webの各種サポートを経験。ソムリエもWebも常に「専門知識をお客様に合わせてわかりやすくご提案し、期待以上のサービスをする」ことをモットーとしています。テクニカルサポートの経験は、通算1,100人以上。現在はWebデザイン・ディレクターをしながら、ブログ集客をしたい方へWordPressの制作、使い方のレクチャーなどを行っています。