無料テーマ「Bizvektor」ビズベクトル デザインも選べ、ビジネスに便利な機能が満載!

WordPressのテーマ、何を使っていますか?

何を使おうか、本当に迷いますよね^^

いくつかテストして、良かったものの
特徴を順番に紹介しています。

今日は「Bizvektor」ビズベクトル
というテーマをご紹介します。

このビズベクトルのポイントは
とっても 「 真面目!!!」なデザインが作れることです。

ビジネスに必要な機能を備えた、
信頼性のある、こんなデザインです。

 ↓ ↓

テーマビズベクトル

 

どこかで見たことがある方も
多いのではないでしょうか?

 

では詳しくご説明していきますね。

「bizvektor」ビズベクトル の特徴

ビズベクトルは、とても信頼性のあるデザインで
コーポレートサイトに便利な機能も兼ね備えているのですが、

真面目そうなイメージがありますでしょ?

実は何パターンか、デザインが選べるようになっているんですよ。

テーマは無料でも、追加デザインは有料の物が多いので
とっても親切だなと思います^^

 

1 ビジネスに便利な機能が満載!

 

・画面の右上に電話番号を載せられる

ビズベクトルお問い合わせ欄

サイトの一番上というのは一番目につくところです。

お客様が、問い合わせをしたい、と思って
ホームページを探していることを想定すると
一番に目につくところに、連絡先を置いておくのは鉄則です。

ブログ用のテーマでは、あまりこの機能はついていないんです。

※後ほど、デザインのパターンが
いくつか選べることをご説明を
しますが

”rebuild”(リビルド=はじめのまま)だと
この右上の表示はないので、ご注意ください。

 

お問い合わせはこちらボタンがついている

「お問い合わせはこちら」も目立たせたいポイントですね。

わざわざボタンを用意しなくても、
はじめからついているんです!

※画像なので、「お問い合わせはこちら」という
言葉自体は変えられません


※クリックしたらお問い合わせページに移動しますが、
お問い合わせページ自体、は自分で作ります

 

 

2 デザインパターンが4種類から選べる

初期設定では、真面目そうなイメージのデザインですが、
4種類のデザインが選べるようになっています。

<rebuild リビルド>

何も変更しない、初期状態のままだと、こんなデザインです。

※前述の通り、rebuildの場合だけ、右上に電話番号を
表示させることはできません。

<calmly> カルムリー 
英語で「静かな」という意味の通り、落ち着いたデザインです。
上品なイメージにしたいときにぴったりですね。


 

<プレーン>

装飾の少ない、シンプルなタイプです。
画像そのものや、コンテンツを引き立たせたいときにおすすめ。


 

<default> デフォルト、という名前ですが
色の印象の残る可愛く、親しみやすいデザインです。

 

こんな感じで、
だいぶ印象が変わりますね。

 

3 「スキン」というデザインバリエーションが豊富

 

更にデザインを変えたい場合、
こちらは有料になりますが、

3,980円で更に豊富なデザインが用意されています。

例えば ”ladylike” というデザインはこんなかんじです。

ladylike

見出しがリボンになっていたり、可愛いですね♪

有料のテーマを買うことを検討されているなら、
3,980円はとても手ごろなので
ぜひこちらも検討されてみてもいいかもしれません!

 

 

提供元 ベクトル社さんの紹介

ビズベクトルの
ダウンロードページはこちらです。

https://bizvektor.com/about/download/

提供元は 「株式会社ベクトル」さん。

ブログやFacebookで
どんどん更新情報も提供して下さっているのも信頼できます。

更に便利にカスタマイズできる、追加機能も販売されていますよ。

ご興味のある方はぜひ^^

以上、おススメテーマ

「ビズベクトル」のご紹介でした♪

 

 

Follow me!

村重敦子

「猫でもわかる!」くらい簡単にわかりやすく、WordPressの使い方をサポートする、WordPressソムリエです。デザインを学んだ後、なぜかレストランでワインサービスに従事。絵も描けるワインソムリエでした。その後大手通信会社に勤めIT・Webの各種サポートを経験。ソムリエもWebも常に「専門知識をお客様に合わせてわかりやすくご提案し、期待以上のサービスをする」ことをモットーとしています。テクニカルサポートの経験は、通算1,100人以上。現在はWebデザイン・ディレクターをしながら、ブログ集客をしたい方へWordPressの制作、使い方のレクチャーなどを行っています。