AMP対応しました!

猫でもわかるWordPress/Nishikiもくもく勉強会/AMP/Nishiki Pro
  1. ホーム
  2. 猫でもわかるWordPress
  3. AMP対応しました!

当ブログもやっとAMP対応しましたよー!

AMP」とは、だいぶ前にこちらの記事で書いたのですが
ホームページをスマホ(モバイル)用に、軽くして表示を早くしようという施策です。

ですが、軽くするためにデザインファイル(css)を読み込まないため
すげぇダサく・・もとい、シンプルなデザインになってしまうため
私は、導入せずにしばらく様子を見ていました。

しかし、2018年、2019年と時間が経っても
シンプルになってしまうのは変わらないままです。

なのにGoogleはAMPをお勧めするので正直困っていたんですよね(笑)

Nishiki ProがAMPに対応!

そんな状況を、WordPress公式テーマNishikiPro開発者の
今村さんに相談したところ

今村さん
今村さん

NishikiProで対応しますよ!

村重
村重

マジすか!!!

やったー!!

公式の発表はこちら。

設定の仕方もすっごく簡単です。
Nishiki Proを最新にバージョンアップしたら
「AMP」というプラグインを入れて、設定項目のチェックを確認したら、
NishikiProのカスタマイザーにある「AMP」メニューにチェックを入れるだけです。

今村さんありがとう!

AMP化するとどのように表示されるのか?

今までのAMP

↑ これ、なかなか酷いでしょう?(笑)
吹き出しが壊滅的だったんですよね・・w

それが、Nishiki ProのAMPならこうなります!

Nishiki ProのAMP

今のサイトのデザインをそのままに、AMP対応できました。
本当によかった^^

AMPは、Googleが推奨していることもあり
SEO効果があると言う人もいます。

SEOは様々な要因があるので一概には言えませんが
AMPでモバイル表示が早くなるのは間違い無いので
早めに導入したいですね!

WordPressテーマをAMP対応させる方法

このようなお話しをすると、

当然ながら

私のテーマも綺麗なデザインで
AMP化できますか!?

と、思いますよね。

残念ながら、カスタマイズでどうにかできる部分ではないので
テーマ開発者さんに対応してもらうしかなさそうです。

ご利用のテーマのマニュアルを確認なさるか
開発者さんにお問い合わせしてみてください。

でも、2020年2月現在、
AMP対応しているテーマはまだあまり多くないみたいです。

AMP用にデザインCSSを作ったり、ごにょごにょと兼ね合いがあるから
調整したり、状況が変わるから都度対応したり・・かなり大変。

でも、そういう大変なことでも、最新の状況に合わせて
対応して、情報発信しているテーマを使用していきたいですね^^

ちなみに、この記事は今村さんが主催している
Nishikiもくもく勉強会オンライン」でアドバイスを受けながら
記事にまとめました^^

お時間合う方いらっしゃいましたら
ぜひこちらで情報交換しながらブログ進めていきましょう^^

著者

大石 敦子

「猫でもわかる」くらい簡単にわかりやすく、初心者向けにWordPressの使い方をサポートしています。デザインを学んだ後、なぜかワインサービスに従事し絵も描けるワインソムリエになりました。通信会社に勤めIT・Webの各種サポートを経験したことから、ソムリエでもITでも「専門知識をお客様に合わせてわかりやすくご提案し、期待以上のサービスをする」ことを心がけています。テクニカルサポートの経験は、通算1,100人以上。現在は企業向けのWeb制作を主に、ブログ集客をしたい方へWordPressの制作、使い方のレクチャー、ITサポートなど行っています。