【AMP】Google推奨のモバイル高速化【2019年最新情報】

AMPとは?ワードプレスをモバイル高速化してみた

今日は 最近話題になっている、
「AMP」についてご説明しますね。

AMPとは?
https://www.ampproject.org/ja/learn/overview/

Accelerated Mobile Pagesの略なのですが
(アクセラレイテッド モバイル ページ)

Accelerated=加速された

昨今、インターネット閲覧のほとんどがスマートフォンからと言われています。

そのため、Googleは「モバイルフレンドリー」と言って
スマートフォンからの閲覧に適したWebサイトを作りましょう、
ということを推奨しています。

その中の施策のひとつが「AMP」
モバイル用に表示速度を速くしたページを作ってください、ということなんです。

 

3秒で4割の人が画面を閉じてしまう

Googleの公式ブログによると

読み込みに 3 秒以上かかると
40% の人がサイトの閲覧を諦めるという情報がありました。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/09/what-is-amp.html

スマートフォンで見る場合は特に
読み込みが遅くて、なかなか画面が開かないと
もういいや、と画面を閉じたくなりますよね。

そのため、Googleでは
モバイルでもスムーズに検索できることをめざして
このプロジェクトの導入を推奨しているようです。

 

速度の違いを確認してみよう

お手元のスマートフォンで
「猫でもわかるWordPress」
検索してみて下さい。

すると、
こんな結果が出てくると思います。
(人により、違うこともあります)

検索結果

 

一番上が、AMPではない普通のページ

二番目の稲妻マークがついているのが
AMP対応している高速表示のページです。

【2019年1月追記】

スマホでの表示も変わったようです。

AMPページを見てみたい方は
こちらをクリックしてください。
https://wp-firststep.com/amp/amp/

 

私のスマートフォンで試した感覚だと

普通のページは2秒強ほど
AMPのページは、1秒もせずにページが出てきました。

おお!こんなに速くなるんですね!

 

しかし

よく、表示されたページを見比べてほしいと思います。

AMPの方のページは
表示が早いのはいいのですがかなり簡略化されており

メールマガジン登録フォームなどがなくなっているのです。

 


◆普通のページ

通常のページ

 

◆AMPページ

AMPページ

 

AMPのページだと
ロゴもメルマガのご案内もなくなってしまいました。

速度が速い代わりに
かなり簡略化されてしまうようです。

これではいくら速くても、こまってしまいますね。

 

Googleのブログではこんなことが書いてありました。

サイトによっては、非 AMP の正規ページと AMP ページという 2 つのバージョンのコンテンツが公開されている場合があります。このような場合、ユーザーが同じコンテンツを利用できるよう、両方のページでコンテンツを同等にしつつ、AMP ページ経由では利用が高速かつスムーズになるようにするのが理想的です。しかしながら、一部のサイトにおいて AMP ページのコンテンツとオリジナル(正規)ページのコンテンツが異なるケースが見られます。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/11/engaging-users-through-high-quality-amp.html

AMPに対応させると、いろいろ簡略化されてしまい、本来のページと
内容が異なる場合がある、という問題を指摘しています。

そりゃそうだ。

そもそも、スマホで検索しやすいように対策をするのに
簡略化したことで、必要な情報がなくなってしまい、
ユーザーはもう一度クリックしなければいけない、とかいうのであれば本末転倒ですよね。

そこで、内容を同じにしたAMPページを用意するべきですね、っていう話になっているんですが
それはちょっと大変すぎますね。

検索結果のランキングに影響は?

また、Googleのブログには、
こう書いてありました。

『有効で表示可能な
AMP ページが含まれているかどうかは、
検索結果ページでの

サイトのランキングには
一切影響しません

違いは、サイトに AMP 版が含まれていると、
検索結果に The AMP logo アイコンが追加されることです。』

https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/09/8-tips-to-amplify-your-clients.html

GoogleWebマスター向け公式ブログより

 

今はまだ、AMPを導入したからと言って
即、SEOに有利になるわけではないようですね。

ですが、このGoogleのブログ記事は2016年9月のもので、
そこからAMPについての情報は2018年12月現在、まだ見当たりません。

やっぱり対応が難しいのでしょうね。

 

 

導入の仕方

試してみたいという方へ

AMP公式のプラグインがありますよ^^

プラグイン

インストールして有効にするだけで、
ページのアドレスの末尾に/ampとつけたAMPページを別に用意してくれます。

急いでAMP対応を進める必要はなさそうですね。

結論:まだ入れなくて良さそう 

また新しい情報が入りましたら、お知らせいたしますね!

このブログは、2017年7月投稿し
2018年12月に更新しています。

 

WordPressに関するご質問にお答えします。
こちらのフォームから
お気軽にお寄せください^^
https://wp-firststep.com/questionbox/